2021年6月 日の出

2021年6月 14日 旧暦 5/5

5:17

東の空には低く厚い雲がかかり太陽は遠くその向こうです。夜来の激しい雨が上がり上空は青空も見えています。帰る途中、波止の上に太陽が姿を見せました。シルエットは2人の釣り人と一番右は釣果を狙うアオサギです。段々と近づいています。

旧三本松小学校の樹木の幹は、北棟の北の林の中のもう一本のトウカエデ(唐楓、サンカクカエデ、三角楓、Trident maple)です、胴回りは70㎝でした。江戸時代に幕府に寄贈され、明治以降に民間に広まったようです。三角楓の名は葉の形に由来するようです。病害虫や乾燥にも強く街路樹の本数は日本でも高ランクだそうです。

花はイワダレソウ(岩垂草、Phyla nodiflora)です。南棟南の花壇に満開です。地表を低く這い根が深く空港のグランドカバーに用いられ、砂漠の緑化にも研究されているようです。セシウムの吸着能力も高い仲間もいるようです。

2021年6月 13日 旧暦 5/4

4:50

1年で一番早い日の出のはずでしたが、太陽はここでは姿を見せませんでした。雲の上の空が曙に変わって来ています。港のあちこちでイワシ釣りやメバル釣り、タコ釣り、ルアー釣りの10数人がそれぞれの仕掛けで楽しんでいます。

旧三本松小学校の樹木の幹はもう一本の南側のフェニックスです。胴回りは太いところで167㎝でした。北側に比べて少し細い。花は昨日に続きチシャノキの花の遠景です。

2021年6月 12日 旧暦 5/3

4:58

雲の合間に赤や黄色の日矢を飛ばしながらようやく太陽が姿を現し、そして、雲に消えていきました。港では子供連れのお父さん2組を含め10人ばかりが釣りを楽しんでいます。

旧三本松小学校の樹木の幹は中庭の赤澤正寛翁の記念庭園のアカマツです。クロガネモチ、イロハモミジと3兄弟の1本で、胴回りは72㎝でした。

花はチシャノキ(萵苣の木、カキノキダマシ)です。南棟の南に白い小さな花がたくさんふわーッと付いています。若葉がレタス(チシャ)のような味がするので名付けられたとありました。

2021年6月 10日 旧暦 5/1

4:52

少し暗い水平線に紅く丸い太陽が姿を見せました。暫くして太陽の右にCX85(アンカレッジ→香港、Boeing747、Cathay Pacific Cargo)、左にBR15(Los Angels→台北、EVA)が白い飛行機雲を吐きながら昇って来ました。港には釣り客が10人程度。一本のロープがさざ波の海面を波の無い鏡面の海面に変えるマジックを見ました。

旧三本松小学校の樹木の幹はオレンジです。胴回りは44㎝、北棟北の林の中です。花はマリーゴールド、昨年の零れ種が南棟南の花壇に満開です。

2021年6月 9日 旧暦 4/29

4:50

紅く染まった空と海に浮かぶ淡路島の山の端に太陽が姿を見せました。4時50分56秒でした。日の出時刻は6月13日まで早くなりそれからまた遅くなっていきます。日の出位置は6月21日の夏至迄北上して一子島にもう少し近寄ります。釣り客は今日は3人、イワシもあまり釣れないようです。

旧三本松小学校の樹木の幹はオリーブです。胴回りは33㎝でした。北棟の北の角です。花はタイム(Thyme、ジャコウソウ(麝香草))です。芳香があります。ハーブティーとして飲まれたり、浴湯料やタイムの揮発油は呼吸器系の治療薬にも用いられるのだそうです。

2021年6月 8日 旧暦 4/28

4:51

4時51分23秒、霞のかかる淡路島の山の端にぼんやりと太陽が姿を見せました。港には黒っぽいツートーンのヨットが停泊し、今朝も釣り客で賑わっています。それでも人数が少し減ってきているようです。CI5235(シアトル→台北、Boeing747)が飛行機雲を延ばしていました。

旧三本松小学校の樹木の幹はモクレンです。南棟の南の花壇で3月中旬に紫色の花を付けていました。胴回りは32㎝です。花はアジサイ(紫陽花)です。北棟の北です。

2021年6月 7日 旧暦 4/27

4:56

淡路島は暗い雲に覆われ、小豆島の上空の雲が曙色に染まっていました。イワシ狙いの釣り客は10人ばかりが、少しずつ増えて来ています。

旧三本松小学校の樹木の幹は北棟北のメタセコイア(学名Metasequoia、英名Dawn redwood、和名曙杉)です。2本あって、写真右が胴回り36㎝とその左奥が胴回り45㎝です。1941年に日本人研究者によって化石として発見されたものが、1946年、実際に中国奥地で発見され、米国探検隊によって持ち帰られた種子で今は広く知られているようです。花はザクロ(柘榴)、西門の花壇です。結実して膨らんで来ているのもありました。

2021年6月 6日 旧暦 4/26

4:49

淡路島の山の尾根とその上空が紅くなって来ました。その後、太陽は厚い雲の向こうでその気配も見せませんでした。港はもう釣り客で賑わっています。

旧三本松小学校の樹木は五葉松の幹です。南棟の南、棗の横にあります。二本の枝の太いほうの胴回りが36㎝、土台の胴回りは86㎝でした。花は「ハクチョウゲ(白丁花、Serissa japonica)」です。白い小さな花が1つ咲いていました。

2021年6月 3日 旧暦 4/23

4:55

淡路島の雲の上に太陽が一瞬くっきりの姿を見せましたが、すぐにぼやけた太陽になってしまいました。台湾のエバー航空のBR31(NewYork→台北、Boeing777)、次いで、BR15(LosAngels→台北、Boeing777)が一子島の向こうからぐんぐん上昇の様子です。港の釣り客は25人に増えています。

旧三本松小学校の樹木の幹はギンバイカ(銀梅花)です。胴周りは54㎝でした。南棟の南の花壇で、枝が入り組んでいます。今日の「花」は粘菌です。サルノコシカケの生えた木の古株の近くの地面に黄色い泡を吹いたマシュマロのような動物でも植物でもないぷよぷよしたものが20~30㎝程度に拡がっていました。

2021年6月 2日 旧暦 4/22

4:53

太陽は見えませんが、廻りの空が明るくなってきました。港の釣り客は15人ほど、今日も大忙しです。

旧三本松小学校の樹木の幹はシュロ(棕櫚)です。幹は円柱状で枝はなくまっすぐに伸び、上の方ではシュロ皮が幹を包んでいます。胴周りは太いところで47㎝でした。中庭の花壇です。花はアナカリス(オオサンゴモ)です。中庭のビオトープに咲いています。小さい白い花です。

2021年6月 1日 旧暦 4/21

4:58

霧か雲がかかった空に太陽が少しずつ浮かび上がって来ました。阿讃山脈にも雲が掛かり虎丸山も山頂が見えません。月が南の空に高く残っていました。港に潮が流れ込んでいてイワシ釣りも好調のようです。

旧三本松小学校の樹木の幹はモクレン(木蓮)です。胴周りは62㎝でした。南棟の再会の庭の1本です。花はサンゴジュがたくさんの花を付けて見事です。赤い実はもちろん、白い花もサンゴのようです。中庭です。